meta name="google-site-verification" content="5SzD2DTTnZSnW8WBRt3Vn6BTRjK0C8iowkxGKepa2CQ" />

THEO +docomoと資産運用のマニーさんの blog

初心者の資産運用を勉強していきます。

個人型確定拠出年金iDeCoについて初ブログです。

2018年11月からイオン銀行iDeCoを始め毎月23000円ずつ拠出しています。

とりあえず9ヶ月目の成績です。

ONEタワラ先進国株式

時価構成比             35%

時価評価額            71248円

取得金額                 71024円

評価損益率                  +0.3%

レオスひふみ年金

時価構成比                20%

時価評価額              39753円

取得金額                  40565円

評価損益率                   -2.1%

ONEたわら先進国債

時価構成比                15%

時価評価額                31044円

取得金額                   30420円

評価損益率                  2.0%

DIAM新興国株式インデックス

時価構成比                 14%

時価評価額                  28225円

取得金額                    30420円

評価損益率                    -7.3%

ONEたわら国内債権

時価構成比                  10%

時価評価額                  20753円

取得金額                   20282円

評価損益率                +2.3%

ブラックロックゴールドIDX

時価構成比                 6%

時価評価額                11238円

取得金額                  10137円

評価損益率              10.8%

です。

一応全体的にはプラス圏になっていますからもう少しリスクあげてもいいかと思います。

イオン銀行iDeCoを始めたのは資産運用のことを去年まで何もわからなか、初めて始めるのは対面で話を聞いてみたかったからと(365日窓口対応でイオンの従業員は基本しっかり対応してくれる人が多い気がする)ネットで調べて運営管理手数料がかからないからです。

他に運営管理手数料がかからない金融機関は

SBI証券、楽天証券マネックス証券

松井証券大和証券があります。

正直イオン銀行は商品数が少なめなのですが

窓口で365日対応してくれるのが強みです。

金融機関は1度決めてしまうと別の金融機関に変更するには時間も手間もかかりますので、

初めての方はよく調べてから決めて下さい。

自分はとりあえず勢いで初めてしまったので。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは

iDeCoは20歳以上60歳未満の方が加入できる国の税政優遇のある年金制度で、月額5,000円から始められる長期積み立てを税金の負担を小さくし運用することで将来受け取る自分の年金を大きく増やせる仕組みです。

iDeCoのメリット

①掛金が全額所得控除される

毎月2万円(年間24万円)ずつ掛金を拠出した場合の例

  年収            所得税    住民税   税金軽減額

200万円    5%      10%     3万6千円

500万円   10%    10%    4万8千円

700万円    20%    10%    7万2千円

②運用益が非課税

預金の利息や投資信託の運用益には通常源泉分離課税(20%)がかかりますがiDeCoの運用益は非課税です。

③受け取るときも税政優遇措置があります。

受け取り方は[一時金(一括)] [年金(分割)]あるいはその併用が選ぶことができます

一時金(一括)での受取り→[退職所得控除の対象]

退職金等と合わせて退職所得控除の対象となり

退職所得控除はiDeCoの掛金を拠出した年数に応じて控除の限度額が決まります。

年金(分割)での受取り→[公的年金控除の対象]

公的年金控除が適用され雑所得扱いされる。

65歳未満で収入が70万円以下、65歳以上で収入が120万円以下の場合全額控除されます。

続いてデメリットです。

①60歳まで運用中の資産を引き出せないので

余裕資金で運用した方がいいです。(生活資金がなくなってしまっては元も子もないので)

あと原則途中解約もできません(掛金を減らしたり、休止したりはできます。)ので老後資金として使わない覚悟を持ってやった方がいいです。

②口座開設、維持に手数料が意外とかかる。

iDeCoの手数料です。

口座開設、移換時→初回のみ

国民年金連合会に2777円

運用期間中→国民年金連合会に手数料103円

                       事務委託先金融機関に64円

運営管理手数料→金融機関によって変動します。

あとは運用商品の信託報酬ですがこれも金融機関、商品によって変動します。

f:id:fureagin:20190904161934p:image

リスクとリターンの表です。

まだ始めたばかりですが、全く興味がない状態だったのがやり始めたら、楽しくなりました。これからも少しずつ資産運用していきます。

とりあえず初めてなのでこれくらいで。

これからもできるだけわかりやすく勉強していきますのでよろしくお願いします。

THEO+docomo8月の資産状況です。

f:id:fureagin:20190902091107p:image

 

f:id:fureagin:20190902091547p:image

米中の追加関税により今月はまたマイナスに落ち込みました。

去年の暮れぐらいからずっと米中問題で振り回されぱなしですね。

続いて積み立てNISAの資産状況です。

ひふみプラス

投資金額               ¥90000

時価評価額             ¥88556

 運用損益                  ¥ -1444

iFreeS&P500

投資金額               ¥207000

時価評価額            ¥210972

運用損益               ¥+3972

以上です。

後なんとなくしかわからなかった最近よくでてきてた言葉の意味をしっかり調べました。

リセッションと逆イールドです。

リセッション(ウィキペディア)

リセッションとは景気循環の局面の内

2局面(景気拡張期、景気後退期)の場合の景気後退期、

4局面(好況、後退、不況、回復)の場合の後退

と、不況がこれにあたる。

景気が下降している状態です。

逆イールド(証券用語)

金融不安、急激な政策変動により短期金利

急騰し、長期金利を大きく上回った状態のことです。債権市場において一般に残存期間長くなるほど資金の固定化によるリスクなどを伴うため、長期金利短期金利より高くなるのですが

様々な要因があって遠い将来より近い将来の方がリスクが高くなると市場が予測した時に

長期と短期の金利が逆転します。

目先の景気は良くても将来の景気低迷が心配という市場の心理状態らしいです。

今後はどうなるがわかりませんが、色々なことに備える為にも少しずつ勉強していきます。

よろしくお願いします。

今月は失礼します。

 

 

THEO+docomo7月の資産状況です。

f:id:fureagin:20190805215921p:image

 

f:id:fureagin:20190805215946p:image

なんとかプラス圏ではありますがこの後         対中追加関税、トランプショックにより大分マイナスに落ち込みます。

先まだまだ長いですね。

続いて積み立てNISAの資産状況です。

ひふみプラス

投資金額¥80000

時価評価額¥83170

プラス      3.9%

iFreeS&P500

投資金額¥184000

時価評価額¥197537

プラス       7.3%

 

色々な記事の中でマネーリテラシーという言葉があるですが、言葉は知っていても深く意味が

わからなかったので調べました。

まだそのくらいの素人です。

マネーリテラシーとは年金、税金、投資、住宅ローン、不動産、会計など色々あるみたいですが簡単に言うとお金に対する知識を持ち、それを活用する能力のことだそうです。

マネーリテラシーを高める理由 

( 1)早く始めた方が有利になる

(2)コスパに優れている

(3)金融資産からのリターン率は学歴があまり関係しない。

(4)お金の管理ができ、貯まりやすくなる。

(5)資産運用など長期的にお金を増やすことができる。

私もお金を保険、税金など見直してかなり節約になりました。

資産運用、税金などはまだまだ勉強中です、

本を読んだり講座に参加したりあるみたいですが本を読むことから始めて見ます。

もっと早く始めればよかったです。

では失礼します。

 

THEO+docomo6月の資産状況です。

[uploading:BA0F9E86-0AF1-41AC-8E1E-C

f:id:fureagin:20190701153735p:image

f:id:fureagin:20190701153817p:image

4月にやっとプラスになったと思ったら

米中貿易問題によりゼロからマイナスのあたりをいったりきたりしています。

7月はG20も終わり上昇に傾いてくれると嬉しいですね。

長期運用なので悲観的ではありませんが、

やはりプラスは嬉しいです。

 

続いて積み立てNISAの資産状況です。

ひふみプラス

投資金額¥70000

時価評価額¥71161

 プラス1.6%

iFreeS&P500

投資金額¥161000

時価評価額¥166877

プラス3.6%

積み立てNISAの方は好調が続いています。

 

資産運用ではなくてポイ活ですが今年                d カードGOLDの年間ご利用額特典が届きました。f:id:fureagin:20190702195024j:image

年間クレジットの総額が100万、200万円以上になると貰える特典です。

だいたい5月の終わりくらいに届きます。

内容は

携帯購入割引クーポン¥10800、                        

                                    ¥21600

d fashionクーポン      ¥5400×2

                                   ¥5400×4

dトラベルクーポン    ¥ 10800

                                    ¥21600

dショッピングクーポン¥3600×3

                                       ¥3600×6

dデリバリークーポン¥3600×3

                                     ¥3600×6

有効期限がだいたい1年くらいになります。

自分は今回200万円越えで¥20000の

クーポンをもらい、dショッピングのクーポンに交換しました。日常の生活の消費に使っています。一概に100万円というと中々難しいと思うかもしれませんが、携帯料金、公共料金、保険、税金など等にクレジット決済にしておくと以外とすぐに年間100万円は越え等と思います。最近はキャッシュレス決済が色々せめぎあっているのでこれを機にやってみるのもおすすめかもしれないです。

この辺はまた今度にします。

失礼します。

THEO+docomo4月の資産状況です。

f:id:fureagin:20190507203700p:image

f:id:fureagin:20190507203720p:image

4月も上がったり下がったりを繰り返して

やっとプラスに傾きました。

約5カ月ぶりです。

続いて積み立てNISAの4月の資産状況です。

ひふみプラス

投資金額¥50000

時価評価額¥53020

プラス6%

iFreeS&P500インデックス

投資金額¥115000

時価評価額¥124710

プラス8.4%

積み立てNISAはふたつとも順調に上がってます。

あと面白い記事がありましたので載せておきます。

f:id:fureagin:20190507205923p:imagef:id:fureagin:20190507210108p:imagef:id:fureagin:20190507210125p:image

以上です。参考になりましたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

THEO+docomo3月の資産状況です。

 

f:id:fureagin:20190402125342p:image

f:id:fureagin:20190402125404p:image

 

1時期プラスになった時もあったのですが、

マイナス0.42%で3月は終わってしまいました4月の頭はプラス予想なのでやっと上昇します。

積み立てNISAの3月の状況です。

ひふみプラス

投資金額¥40000

時価評価額¥42351

プラス         5.8%

iFreeS&P500

投資金額¥92000

時価評価額¥97634

プラス          6.1%

こちらは時期がよかったのか順調です。

分散投資の記事も載せておきます。

f:id:fureagin:20190402130222p:image

他の方のブログも参考にしながら自分でも勉強していきます。

 

THEO+docomo初心者の資産運用

はじまてのブログなんで至らぬ点等あると思いますがよろしくお願いします。

2018年6月からドコモからのお知らせで

THEO+docomoのサービスを利用して

います。

これからはじめようという方の参考になればと思います。

基本的には最初の手続きと入金さえすればほったらかしで大丈夫です。

この例では最初に100万円した後月々1万円の入金+docomoのお釣り積み立てを利用しています。

ポートフォリオはこんな感じで

f:id:fureagin:20190129003656p:image

資産推移はこんな感じ

f:id:fureagin:20190129125440p:image

運用開始からの収益はこんな感じです。

f:id:fureagin:20190129003044p:image

最初は順調に上がってたけど年末の景気悪化とともにマイナスになってます。

でも積み立て投資は長期運用が基本なので気長にいきます。

まだまだ勉強中なので…

このほかに積み立てNISAとiDeCoもはじめましたのでそちらの方もこれからアップしていきたいと思います。

またよろしくお願いします。